D27 高温期8日目 共通点

2016年6月27日の記事です。

6/19 36.47
6/20 36.84 病院で排卵済みと確認される。体温が高くなっているし高温期1日目とする。
6/21 36.41 高温期とは思えない体温;
6/22 36.46
6/23 36.70 二度寝の影響?
6/24 36.72
6/25 36.75 デュファストンのおかげで安定してきたのかな?
6/26 36.82
6/27 36.80 ←イマココ 朝5時半に子どもに叩き起こされる;いつも起きるのは6時半なのに。

スポンサーリンク

体温は安定

体調も悪くは無いけど違和感はある。
卵巣が痛むのがなぁ・・・気になる。
今日は子宮辺りがぼんやり違和感。
生理前みたいな重い感じ?
でもまだ高温期8日目だから薬の影響かな・・・

今の体調の変化がデュファストンから来るものなのか検索したくてたまらない。
「デュファストン 乳首痛」「デュファストン 卵巣痛」などなど。
調べりゃいいじゃないって話なんだけど、
割と「デュファストンでホルモンバランスがどうのこうの~」と要するに副作用的な話が多そうな気がして。
その中で、自分が欲しい答えを探してしまいそう(副作用じゃなくて妊娠初期症状だよ的な)で
それだとあんまり意味が無いからやめておく。

しかーし。
自分の記録とは比べて見ようと思う。

2月まで遡ります。
デュファストン服用していた高温期を発見。
今と同じ条件です。

見ると、高温期6日目辺り(2月20日)から体調の変化を記録している。

右下腹部が痛い。←6日目
腰痛。←6日目
おりものが黄緑っぽい。←7日目
食べたものが逆流してきてつらい。←7日目
胃痛。←9日目
盲腸付近の痛み、胃痛、膨満感。←10日目

右下腹部、盲腸付近ってのは多分卵巣のこと言ってるんだと思う。
この周期、実はこのまま高温期が続いて「妊娠検査薬」で「陽性」が出た。
胎嚢も確認されたけど、小さくてそのまま自然流産という結果で終わっている。

今周期と比べると、卵巣が痛いのは一緒。
後、おりもの。
今日出たおりものがちょっと黄緑(黄色強め)だった。
乳首も痛い。
胃液が上がってきて辛い。

この辺が共通点になる。
でもこれって全部「デュファストン」の副作用の一言で片付けられそうじゃない?

モヤモヤするからフライング検査でも・・と思うけど、早すぎてわからないだろうし。
せめて後2日待ってからフライングしようかな。

と考えいたら、さっき帰宅した主人に

「明日から3日間仕事休み」

と言われた。

フライング検査って、主人に内緒でしてるんです。
検査薬がもったいないのと、陰性を見て落ち込むならしなきゃいいのにって言われるから。
内緒なのに明日から3日間家に居られたら検査出来ないじゃない・・・
その前に検査薬買いに行けない。買い物に行く時はついてくるから。
てことは、7月1日の朝、トイレを我慢して薬局行って検査薬購入になるのか。
そうすると高温期12日目だね。
朝一のおしっこだと陽性なら反応するかもな時期。
あーその前の10日目辺りからフライングやりたかったなー。
予定の変更などがあって、検査薬ゲット出来そうならやろうかな。

今周期、特別期待はしていないんだけど
前回の同じような条件の時に妊娠→流産だったから
その流れになるのでは?と不安ばかり大きくなる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加