D21 低温期21日目 通院3回目 ルトラール

2016年5月19日の記事です。

4/29 36.37
4/30 36.78
5/1  36.54
5/2  36.29
5/3  36.66
5/4  36.37
5/5  36.36
5/6  36.66
5/7  36.06
5/8  36.59 おりものが増えてきた
5/9  36.62
5/10 36.31
5/11 36.57
5/12 36.42 
5/13 36.46
5/14 36.14 子宮口遠め
5/15  36.38
5/16 36.48 通院2回目
5/17 36.28
5/18 36.44
5/19 36.52 ←イマココ 通院3回目

スポンサーリンク

本日通院日

さて、今周期3回目の卵胞チェック。
結果から言うと、卵胞が育っていなかった。
でも内膜が白っぽく、排卵後のように見える。
12日以降卵胞の育ち具合から考えて「無排卵」だろうという結論に。
今まで病院でタイミングを見てもらっている間、順調に排卵してたから
今回初めての無排卵でちょっととまどう。
なんとなく予想はしていたけどさー・・・
ひとまず前回の話の通り、今回は薬で生理を起こしてからの排卵誘発剤になる。
処方された薬は「ルトラール」。
朝晩1錠ずつ7日分。
先生は晩から飲み始めて・・・と言った後、
やっぱり時間がもったいないから、
ちょっとでも早く生理が来るように朝の分を帰ったらすぐに飲もう!とw
確かにその方が私もありがたい。
変な時間が増えると、考えなくてもいいことを考えたりググりまくったりしてしまうし。
ルトラールが終わってしばらくすると生理が始まるから
生理開始後3日目までに来て下さいとのこと。
排卵誘発剤を生理3日目から使う予定で。
一旦伸びに伸びた生理周期を整えたいってのもあるみたい。

そんなこんなで会計を済ませて車で朝の分として薬を飲んでお出かけ。
その時まだ10時前だったし朝の分としてセーフ!ってことなんだろうな。

で。
薬を10時前に飲んで、昼過ぎまで胸焼けの様な症状と倦怠感。
ただ疲れてただけかなー?と思いつつ、晩御飯を食べて夜の分を飲んだのが18時。
見事に21時くらいまで同じ症状で体が少々辛いため寝転んでました。
「ルトラール 副作用」で調べると

食欲不振、吐き気、下痢、腹痛、
乳房の張り、乳房の痛み、
不正出血、点状出血、経血量の増加、下腹部痛、
眠気、倦怠感、頭痛など

上記が主な副作用だそうで。
私は「食欲不振」「眠気」「倦怠感」が当てはまっていると思う。

あぁ、後6日間この症状で過ごさないといけないのかorz
長いような短いような。

そんな本日の病院代。
お会計 4790円でした。
薬分高かったよ。

排卵までの期間が長いのは歳のせいかね・・・
そうじゃないと思いたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加